スポンサードリンク
スポンサードリンク

コーヒーのシミ抜きは簡単?

大事なお洋服にシミがついてしまった!そんな時あなたならどうしますか? すぐに洗濯する人もいれば、クリーニングに出す人もいるでしょう。 シミの種類といっても、油、しょうゆ、口紅、血液、ワイン、ペンキ、マジック、ボールペンなど さまざまなシミが存在しますが、 中でもコーヒーのシミというのは簡単に落ちやすいと言われています。 それはなぜか?コーヒーのシミは水溶性なんですね。油ジミに比べると、はるかに簡単に 染み抜きができますので、 コーヒーの染み抜き方法を覚えておいて、とっさの事態に対応できる知識をつけておきましょう。 ただ、落ちやすいといっても時間が経過したものであれば漂白が必要になることもありますから できるだけ早い染み抜き作業が必要になります。

スポンサードリンク

コーヒーの染み抜き前に

コーヒーの染み抜き前に確認しておきましょう。 これは染み抜き方法よりも大事なことです。確認することは、色柄物の衣服の場合、 色落ちしないかどうかということです。 色落ちするかしないかのテストは白い布やタオルに洗剤をつけて軽くおさえる、こするなど してみましょう。この時に白い布に色がつく場合は色落ちする可能性大ですので この場合はクリーニング店にお願いしましょう。 それと、ご家庭で洗濯できる衣類なのかどうかも重要です。 家で洗濯できなければ、シミ抜きした後の洗濯ができませんから これも確認してください。

コーヒーの染み抜き方法

まず洗剤を用意します。洗剤は中性洗剤が比較的おススメです。 アルカリ洗剤や蛍光剤入りの洗剤ですと、色落ちしやすくなるので こちらも避けたほうがよさそうです。

手順1、
コーヒーの染みがついた部分を軽く水でしめらせます。

手順2、
その上から洗剤をつけます。 この時、直接かけてもいいですし、水で薄めて綿棒やコットンなどでたたいてもOK。 (下着素材などデリケートなものについたコーヒー染みは綿棒などを使いましょう)
手順3、
手で揉み洗いをします。 デリケート下着や繊維物の場合は、下にタオルなどを引き、 綿棒などで丁寧に落としていきます。 通常の綿衣類の場合には、手であらってOKです。
手順4、
水でコーヒー染み部分を洗い流します。ここで染み抜きができていれば ここでの工程はは終了。
手順5、
手順1〜4の作業を繰り返しても染み抜きができなかった場合は 漂白剤を使用します。 漂白テストも事前にしておきましょう。 漂白剤を直接コーヒー染みにつけ、なじませたあと、ドライヤーで乾かします。 この時、コーヒー染みが少しでも薄くなっているのであれば 繰り返し染み抜きをしても、さらに落ちる可能性があるので 繰り返してみましょう。
手順6、
通常通りの方法で衣類を洗濯します。
コーヒーの染み抜き方法は家庭でもできるくらい簡単ですから、 時間の経たないうちに、やってみるのがいいでしょう。

ワインの染み抜き